NTー②:羊水検査

こんばんは。さしもんです^^

2日も更新出来なかった・・・(*_*;

改めまして!

この記事はNTー①からの流れで書いています

よかったらそちらも読んでみてください( *´艸`)

いきなりですがみなさんは羊水検査についてどのくらい知っていますか?

むくみがあると言われたかたは1度は耳にしたことがあると思いますが

今回は羊水検査について書いていきたいと思います!

総合病院を紹介されむくみの経過観察を続けていたとき

先生から羊水検査を勧められました

【羊水検査とは】

お腹に針を刺し、羊水に混じった胎児の皮膚や粘膜などの細胞を採取し、胎児の染色体や特定の遺伝性疾患の検査・診断を行うことです

この羊水検査

受けられる時期が決まっていて15週からとなっているんですが

羊水の量が増える16週~17週に実施されることが多いようです

さしもんたちは18週にお願いしました!

検査をお願いしはしましたが

ノーリスクという訳ではありません

・1000人に1人くらい流産の可能性がある

・子宮に針を刺すことによる破水などが起こる可能性がある

など絶対に安全という検査ではないのですが

これから生まれてくる子供の状態を把握し

受け止める為にさしもん達は羊水検査をすることにしました。

検査の対応は病院によって違いがあると思いますが

さしもん達が診察に通っていた病院は日帰り入院でした

入院とかする程体調を悪くすることのない奥さんが入院というだけで

もうドキドキです(・・;)

検査当日

朝から病院に行ってまず点滴

一時間程して検査開始!

このとき衛生等の関係でママ以外は病室で待機(;´д`)

万が一ということもあるので

奥さんの近くに居たかったのですが

病室で無事終わることを祈っとくことしかできなかったです(・・;)

このとき麻酔を打ったらしいのですが

麻酔が相当痛いとか・・・・( ̄▽ ̄;)

麻酔が効いてきたらエコーで胎児の様子を見ながら

胎児に針が刺さらないよう細心の注意を払いながら羊水を採取するのですが

ここで問題発生Σ( ̄皿 ̄;;!

普段と違う雰囲気を察したのか

お腹の中のぽにょたんが起きたらしいです^^

ぽにょたんが元気に動き回って

先生も困った様(笑)

それでも空気の読める子ぽにょたんは

針を刺しているときは大人しくしていたらしいです(*´ー`*)

ぽにょたんはお腹にいるときから好奇心旺盛だったらしく

針がお腹に入ってきたとき

触ろう触ろうと手を伸ばしていたらしいです(゜▽゜*)!!

羊水も採れて検査終了\(^^)/

麻酔を打っていたり子宮に針を刺していたりで

状態に変化がないか夕方まで病室で様子見

母子ともに問題なく夕方に無事退院することができました!

検査の内容や調べてくれる場所の情況によりますが

結果が出るまで大体二週間~四週間程度かかります

さしもん達は二週間後の健診のときに結果が出てるかもと言われました

わざわざ書かなくても良いことかもしれませんが

気になる方もいると思うので費用について書いておきます。

『費用について』

羊水検査は健康保険が適用されませんので全額自己負担です。

病院によって差はあると思いますが10万~16万程度で

さしもん達は検査費用と入院に掛かった病室代やご飯代諸々で15万円でした。

ここまで大まかな羊水検査の流れなどについて

実際に経験したことも含めてかいてきましたが

今の日本では出生前診断は賛否両論です。

『命の選別』と捉えられ

否定的な意見も多いのが事実です。
それでもさしもんは羊水検査を含む出生前診断は

もっと当たり前に行われていいんじゃないかと思います

仮に異常があっても、なくても

お腹の子の命に責任を持つのは親です!!

否定的な意見を言ってる人が何か力を貸してくれる訳ではありません

お腹の子の命にしっかりと向き合うきっかけができたんだ!

と捉えたらいいんじゃないかなって思ってます

さしもん達は結果的に異常はなかったけど

検査を受けてよかったです。

検査を受けたことにより

受けなかったときより確実にお腹の中のぽにょたんのことを強く想ったと思うし

命について考える時間も多くなったと思います。

ただ、安易な考えでなんとなくするのではなくて

家族としっかり相談して

納得できる検査にして欲しいなと思います!

それでは今回はこの辺で☆ミ

今日から家族で結婚式に出席する為

更新がさらに思うようにできないかもしれませんΣ( ̄皿 ̄;;

可能な限り更新していきますのでお楽しみに(*´∀`)

ブログランキングに参加しました!(^^)!

ぽちっとしていただけたらやる気UPします♪

育児 ブログランキングへ
ブロトピ:今日の育児日記
このブログはこちらを使って製作しています

↓        ↓        ↓






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする